こんにちは!寿司番屋のPR担当です。

10月になりもうすっかり秋という雰囲気になってまいりました。
暖かく心地の良い日が多くあるとほっとしますね・・・。

さて、今回ご紹介するのは、寿司番屋の本格焼酎です!
寿司居酒屋というだけあり、寿司番屋には日本酒や焼酎を始めとする
酒類が多く取り揃えられています。

焼酎の原産地は鹿児島、熊本、宮崎などをご用意。
その中からそれぞれ1種ご紹介したいと思います。

【鹿児島県】くじら

雄大で全てを包み込むような優しさと力強さを持ち合わせた、
大海原に生きる鯨の様な柔らかく華やかな香りと口当たりが特徴です。
コガネセンガン・白麹・常圧蒸留で造った、芋焼酎のスタンダードです。
垂水温泉水「寿鶴」使用。
ぬる燗、お湯割りでお楽しみください。

【宮崎県】杜氏潤平

その年のものだけで造るビンテージ芋焼酎です。
杜氏潤平は「じっくり少量」をコンセプトに造られた芋焼酎。
原料は、通常よく芋焼酎に使われるコガネセンガンではなく、
日南周辺で食用として栽培されている紅芋を使用しています。
麹も丁寧に手造りで行い、父 一夫氏と息子である潤平氏の入魂が感じられます。
華やかな香りとやわらかで上品な味わいは、是非一度味わっていただきたい芋焼酎です。

【熊本県】杜氏 寿福絹子

常圧蒸留ひとすじ!熊本は球磨人吉地方、唯一の常圧蒸留のみの蔵元。
杜氏はよく焼酎雑誌でもお見かけする「寿福絹子氏」が蔵元を兼任。
「杜氏寿福絹子」は杜氏の名を看板にした蔵元自信作。
一次仕込みを甕壷で仕込み全行程手造りで
優しい母のように愛情を注いで醸されています。
醸された焼酎は約2年間熟成貯蔵され瓶詰め。
栓を開けると麦焼酎とは思えない香ばしい香りが。
少し焦がしたチョコレートのような香りがなんとも言えません。

いかがでしたでしょうか。思わず飲んでみたくなりますよね。
お酒の苦手な方や焼酎をあまり飲んだことのない方にも
ぜひ飲んでみていただきたい品を取り揃えて、お客様のご来店をお待ちしております。